マンガ家になりたいのなら専門学校に通うのが一番

男女

マンガ家になる為の専門学校

マンガ家は多くの人が憧れる職業の一つです。売れっ子作家になれれば、数億という資産を形成できる可能性があります。ただし、誰にでもなれる職業ではありません。狭き門を突破しなければいけないので大変です。
しかし、最近はその狭き門の突破をサポートしてくれる学校がいくつも登場してきています。マンガ専門学校へ行けば、デビューまでに必要なことのほとんどすべてを教えてもらえます。こうした学校は世界では珍しいのですが、日本国内においてはたくさんあります。むしろ専門学校の中ではメジャーな部類に属します。
学校に通えば、ライバルと切磋琢磨をすることも可能ですし、プロ経験のある講師にデビュー後の事情を教えてもらうこともできます。独学でもプロデビューを目指すことはできますが、成功までの道のりを短縮させることができる可能性は大きいです。

プロの指導で画力とシナリオ力を向上させよう

マンガ専門学校には、プロの現場を経験してきたというベテランの方が講師として在籍していることもあります。実際にプロの世界で揉まれてきた人たちは、やはり視点が違います。プロになるためには何が必要なのかも熟知していますし、効果的なアドバイスをしてくれます。
学校では、画力についての指導も受けることができるのですが、シナリオについての指導も受けることができます。マンガ家にはどちらも欠かせない要素となるので、総合的にプロデビューに近づける最適な道です。
ただ絵を学ぶことができる場所なら他にもあるのですが、ストーリーテリングの具体的な方法や、コマ割りの方法、面白味を増す演出方法について学べる場所はそう多くはありません。

【専門学校に通わずにマンガ家を目指す場合】と【専門学校に通って漫画家を目指す場合】を比較!

お金がかからないのが独学の魅力

お金がかからないのが、専門学校に通わずにマンガ家を目指す一番のメリットです。数年学校に通うと、それだけでも数百万という費用が必要になります。独学なら道具代ぐらいで済みます。

客観的なアドバイスがもらえるのが専門学校に行くメリット

専門学校に通うと、他人からの客観的なアドバイスがもらえます。自分では気づくことのできなかった弱点を克服できるのは魅力的です。お金はかかりますが、プロデビューが早くなる可能性も高いです。

実績のある専門学校を選択することが大事

マンガ専門学校を選ぶ際には、実績に注目をすることが大事です。歴史が何年あるかということや、プロデビューをした卒業生の数や質にまで注目すると、入学後に後悔をすることも少なくなります。実績によってその学校の指導力が推測できるのです。

マンガ専門学校で人気の専攻コース

no.1

プロデビューを目指すマンガ家コース

プロデビューをしてマンガ家になりたいと考えている人が多く、マンガ家コースが多くの学校で一番人気です。画力とシナリオ力の両方が鍛えられるので、もしもプロデビューができなかったとしても、他の道にも進みやすいでしょう。

no.2

仕事が得やすいイラストレーターコース

イラストレーターコースも、高い人気を獲得しています。マンガ家ほどプロデビューが難しくないのが、このコースを選択する一つの理由になります。小さい仕事なら学校に通いながらでも行うことができます。

no.3

就職率の高いビジネスコース

学校によっては、ビジネスコースというものを用意している場合もあります。絵やストーリーテリングの力を使って、普通の会社でサラリーマンをすることを目標にするコースです。比較的就職がしやすいので、安定を手に入れたい人には人気です。

広告募集中